孤独死を防ぎたい!孤独死しないために今からできること

公開日:2022/01/15

近年、高齢者の孤独死がメディアで取り上げられるようになりました。核家族化と少子高齢化が進み、1人暮らしの高齢者が増えています。身内の孤独死を防ぎたいと願う人も多くいるはずです。この記事では、孤独死しないために今からできることについて解説します。また、孤独死によって起こる悲しいトラブルについても説明します。

そもそも孤独死とは?

まずは、いま社会問題となっている孤独死とは何かについて説明します。

孤独死の実態

孤独死とは、1人暮らしをしている人が、自宅などで誰にも看取られずに亡くなることです。配偶者に先立たれたなどの理由で、1人暮らしをする高齢者は数多くいます。亡くなったことを誰にも気づかれず、死後しばらくして発見されるケースも珍しくありません。

孤独死の原因

孤独死の原因はさまざまです。発作や脳出血などの病気や、階段から落ちるなどの事故が原因の場合もあります。真夏にエアコンを使用しなかったことから室内で熱中症になり、そのまま亡くなる高齢者もいます。

即死だけではありません。骨折などにより、自力では動けない状態になるケースもあります。救急車を呼びたくても電話ができず、亡くなるまでの数日間、誰にも気づかれずにたった1人で苦しんでいた可能性もあります。つまり、誰かが異変に気づけば、大切な命を救えたケースもあるのです。

孤独死によって起こりうるトラブル

社会問題となっている孤独死ですが、孤独死によってトラブルが起こる場合もあります。

遺族に迷惑がかかる

死後の処理は、離れて住む子どもなどの親族が行うことになります。残された家族にとって、身内の孤独死という事実は、あまりにもショックが大きいはずです。気持ちの整理がつかないまま、さまざまな手続きに追われることになります。

関係者へ訃報を知らせ、葬儀場の手配などを次々にこなさないといけません。葬儀が終わった後も、遺品の整理や相続などの手続きが残ります。身内が亡くなることは誰にとっても辛いことです。とくに孤独死の場合は、さらに大きな負担が遺族へかかってしまいます。

お金がかかる

部屋を引き払う前に、部屋の清掃を業者に依頼することになります。しかし、清掃業者の中には高額な料金を請求する悪質な業者も存在します。時間がないために、他社と料金比較できないまま契約してしまい、高額請求される恐れがあるのです。

孤独死しないために今からできること

高齢者が孤独死しないためには、子どもと同居するか、老人ホームに入居するのが最も効果的です。それが難しい場合でも、今すぐできることがあります。

家族とこまめに連絡する

電話やメール、ビデオ電話などで、日頃からこまめに連絡を取り合うことが大切です。もし可能であれば、葬儀はどのような形をどのような形を望んでいるのかなど、家族で話し合っておくとより安心です。

近所付き合いをする

安否を気にしてくれる人を作るために、地域の人とつながることが大切です。公民館などの公共施設の多くでは、地域の高齢者向けイベントを定期的に開催しています。老人会や趣味のサークルに参加するのもよい方法です。

高齢化が進んだことで、シルバー世代をターゲットにした習い事も増えています。とくに男性の高齢者は友人付き合いが少なく、1人で過ごす傾向があります。家の周りを散歩して近所の人と挨拶を交わすだけでもいいので、今すぐ実践してほしいことの1つです。

宅配サービスを利用する

買い物が大変な高齢者のために、日用品や食料品を自宅まで運んでくれる個別宅配があります。その他にも、栄養バランスの整った食事を届けてくれる弁当の宅配サービスが人気です。

家事の負担を大幅に減らしてくれますし、直接手渡ししてくれるので、配達スタッフが利用者の異変に気づくことができます。便利な上に、安否確認にも役立つので一石二鳥です。送迎付きのデイサービスや訪問介護などのサービスを利用するのもおすすめです。

見守りグッズを利用する

高齢者が無事に生活しているかどうか確認するために、見守りグッズや見守り家電も登場しています。冷蔵庫やトイレなどのドアを開け閉めすると、センサーが感知してスマホに通知が届くサービスがあります。

また、あるガス会社では、ガスの使用がない日があればメール通知するサービスを行っています。離れて暮らす高齢の親とこまめに連絡が取れないという場合には、見守りグッズを利用するのがおすすめです。

 

孤独死に関するトラブルや、孤独死しないために今からできることについて解説しました。高齢者本人や家族はもちろんですが、孤独死はみんなで防ぎたい問題です。高齢者の親が1人暮らしをしているなら、なるべくこまめに会いに行ったり、電話したりして様子を確認することをおすすめします。今は見守りグッズや宅配サービスなどもあるので、上手に利用して孤独死を防ぎましょう。

【香川県】おすすめの遺品整理業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名愛笑リアライフ香川ウィズイング四国遺品整理センターアップサービス
特徴①「見えないものを大切にする」という思いの基に業務を行っている遺品整理士の資格を持ったスタッフが不用品を丁寧に仕分けるx家族の立場からの見地で大切に最後の整理を行ってくれる薬剤をナノレベルまで小さくした除染を行うため安心できる不用品回収やハウスクリーニングも請け負っている
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧