遺品整理は意外と大変!業者に依頼せず後悔した理由とは

公開日:2022/03/01

大切な家族や親戚が亡くなった際、残された遺族は責任をもって遺品を整理する必要があります。ただし、遺族だけで遺品の整理を進めていくことは、精神的・体力的にも負担が大きいものです。そこで、整理を専門の業者に依頼するという手段があります。本記事では、遺品整理を業者に依頼せず後悔した例について紹介します。

思った以上に時間がかかり体力を使った

故人が残した遺産は、遺族がきちんと整理する必要があります。一般的に故人が亡くなってからいつまでに整理を完了させなければならないというルールはありませんが、賃貸物件に住んでいた場合などは急いで処理を進めていく必要があるでしょう。

そして、遺品を整理することは想像以上に大変なことを理解しておくことが大切です。なぜなら、遺品整理は一般的に遺族が集まったタイミングで行うことが多いですが、遠方に住んでいる方がいる場合はなかなか手を付けられないことがあるからです。

また、遺品の中には写真や思い出の品も多くあります。つまり、急いで処理したいけれどなかなか進まないことに加え、精神的にも大きな負担がかかる作業なのです。そこで、遺族だけで整理することが難しいと判断される場合は、専門の業者に依頼することをおすすめします。

しかし、故人の遺品を機械的に処理されたくない、費用をかけたくないと考える方も一定数いるのではないでしょうか。実際に、50代以上の男女に対して実施されたアンケートでは、80%の方が業者に依頼しなかったと回答しています。

依頼をしなかった理由として最も多いのが、自分たちでやるつもりだったというものです。しかし、整理する意思はあっても。実際には整理を進められていない方も多いのが事実です。

そして、遺品の整理を進められない要因として、時間と体力が想像以上にかかることがハードルとなっているというデータがあります。一般的に遺品整理を通じて発生する荷物の量は、45リットルのごみ袋に換算すると555袋、2トンのトラックに換算すると4台分にもなります。したがって、遺族だけで処理を完了させるためには、相当な時間と体力が必要になり、結果的に進められない方がいるのです。

地域ごとにゴミの分別ルールが違った

相当な体力と時間が必要な遺品整理ですが、時間をかけてでもゆっくり整理を進めていきたいと考える方もいるのではないでしょうか。ただし、時間と体力さえあれば、作業を終わらせることができるというものではありません。

遺品整理では、ゴミ分別も問題となることがあるのです。ゴミの分別は、どこの自治体の収集所にゴミを出すかによってルールが異なります。そして、中には非常に細かくルールが定められている市区町村があり、少しでも分別が間違っていると持って行ってもらえないことがあるのです。

また、ゴミの収集は分類ごとに回収する曜日が決められている場合や、市区町村が指定するゴミ袋で出さなければならないケースも珍しくありません。つまり、膨大な量のゴミを市区町村のルールに従って出すことは、手間と労力がかかることなのです。

リユースするのに手間がかかった

遺品整理を遺族だけで実施することが難しいとされる理由として、すべての遺品を捨てることが難しいというものがあります。たとえば、ハイブランドの財布やバック、宝石などが見つかった場合は、そのまま捨ててしまうことが躊躇されるでしょう。

また、本や漫画、家具なども使える状態であれば、そのまま捨ててしまうことがためらわれます。そこで、捨ててしまうのがもったいない遺品に関しては、リユースして現金化したいと考える方も多いのではないでしょうか。

リユースは、リサイクルショップに持ち込む方法や、スマホやパソコンを使用して個人で出品する方法などあります。そこで、リユースするものが少量であれば問題にはありませんが、遺品整理は一軒の住宅をまるごと整理することがほとんどです。リサイクルショップに持ち込むにも、大量にものがあれば困難で、何度も足を運ばなければならなくなってしまいます。

一方、個人で出品するには、1品ごとに商品を撮影したり、説明を記入したりしなければならず手間がかかります。また、ものが売れても発送に手間がかかるでしょう。したがって、リユースしなければならないものの量が多すぎると、結果的に処理できずに放置されてしまうことになるのです。

そこで、遺族だけで遺品の処理を進められないと判断される場合は、専門の業者に相談してみることをおすすめします。また、業者の中には整理だけでなく、価値のつくものは買い取ってくれるケースもあります

 

故人が残した遺品を丁寧に整理したいと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、整理をするには、想像以上に負担がかかることを注意しておくようにしましょう。

たとえば、体力面や時間がかかってしまうケースや、ゴミの処理に困る、リユースしなければならないものが多すぎて手を付けられないといった問題が発生しがちです。そこで、遺族だけで処理できないと判断される場合は、業者に相談してみることをおすすめします。

【香川県】おすすめの遺品整理業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名愛笑リアライフ香川ウィズイング四国遺品整理センターアップサービス
特徴①「見えないものを大切にする」という思いの基に業務を行っている遺品整理士の資格を持ったスタッフが不用品を丁寧に仕分けるx家族の立場からの見地で大切に最後の整理を行ってくれる薬剤をナノレベルまで小さくした除染を行うため安心できる不用品回収やハウスクリーニングも請け負っている
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧