遺品整理はどんなところが大変?なぜプロに任せたほうがいいの?

公開日:2022/10/15


故人の残したものを整理する遺品整理。遺品整理は、遺族がやるべきだと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、自分たちで遺品整理をするのは想像以上に大変なことなので、プロに任せるのがおすすめです。この記事では、自分たちで遺品整理を行う場合、具体的にどんなところが大変なのかを解説します。

遺品整理には時間と体力が必要

遺品整理は、想像以上に時間と体力が必要です。終活のひとつとして生前整理を行う人も増えていますが、生前にすっきりと片付けられなかった場合や急逝などの場合、遺品は大量に残ります。大量の遺品の中には、故人が愛用していたものや思い出が詰まった品がたくさん含まれているものです。急逝であれば、室内には故人の生活していた様子が鮮明に残っており、足を踏み入れるだけで気持ちがいっぱいになってしまうでしょう。

見るだけで故人を思い出すようなものと向き合う作業は、遺族の精神的負担にもつながります。気持ちに余裕がない状態で、遺品整理をスムーズに行うのは極めて難しいでしょう。遺族がひとつずつ残すか、捨てるかを判断していく作業はとても時間がかかります。持ち家であれば時間を気にせず作業できますが、賃貸であれば時間が限られているでしょう。退去のタイミングなどにより、迅速に部屋を受け渡す必要があるため、時間にも気持ちにも余裕がないなかで遺品整理をしなければなりません。

また、近くに住んでいれば数日に渡って通いながら整理できますが、遠方に住んでいる場合、作業時間の確保も難しくなります。交通費や移動時間も多くかかり、自分の生活もあるなかで何日間も遺品整理に時間をかけられないでしょう。精神的負担や時間的負担を軽減させるためにも、遺品整理のプロに依頼するのがおすすめです。中には業者に依頼すると、大切なものも捨てられてしまうのではないかと不安に感じる人も多いかもしれません。

しかし、業者は依頼者がしっかりと向き合いたい写真やアルバム、貴重品などは適切に仕分け、依頼者に渡してくれます。探してほしいものがあれば事前に伝えておくと、遺品整理をしながら探してもらうことも可能です。時間にも体力にも余裕がなくなってしまうと、捨てるはずでなかったものも誤って捨ててしまう可能性があるため、業者をうまく活用しましょう。

リユースするには手間暇がかかる

遺品整理で遺族が不要と判断したものは、すべて捨てるのではなく、まだ使えそうであればリユースするのがおすすめです。リユースすることで処分費用を抑えられたり、お金に換えられたりするうえに、必要とする人にまた大切に使ってもらえるというメリットがあります。

しかし、遺品整理は大量の不要品が出るため、リユースするにも手間暇がかかります。遺品整理で発生する不要品は多種多様です。さまざまなジャンルの不要品は、1か所でまとめてリユースするのが難しく、服・家具・本など、品物ごとに各専門店に持ち運ぶ必要があります。各店舗に連絡をして買い取ってもらう段取りをするのは、想像以上に手間がかかる作業です。スマホを使ってフリマアプリで出品する方法もあります。しかし、フリマアプリで出品するためには大量の不要品ひとつひとつの写真を撮影し、梱包する作業が必要です。

さらに売れるまで保管しておくスペースも確保しなければなりません。必要なものと不要なものを分別するだけでも時間と体力を要するので、そのあとのリユースにも手間暇がかかると、さらに大きな負担になるでしょう。遺品整理業者の中には、仕分けだけでなく不要品の買取りにも対応している業者もあります。リユースに手間をかけたくない人は、業者に依頼することで整理も買い取りも一度に済ませられますよ。

ごみの分別が面倒

遺品整理をして不要なものを分別したうえで、リユースもできないものは捨てることになります。しかし、捨てるときにはごみの分別に注意しなければなりません。不用品すべてをひとつにまとめて捨てることはできず、市区町村の捨て方に従って分別する必要があります。遺品整理では、普段あまり捨てないものが大量に出てくるため、どうやって捨てればよいのかわからないものも多いでしょう。

ごみの分別は、市区町村で細かくルールが決められています。自分が住んでいる地域と離れた場所で暮らしていたところの遺品整理の場合、普段のごみの分別方法と異なる場合も。そのような状況で大量の不用品を間違わないように捨てるのはとても大変です。

市区町村の分別ルールを調べながら作業することになるので、時間もかかるでしょう。分別ルールを調べるだけでなく、自治体の粗大ごみ回収への申し込みや不用品回収業者への連絡、家電の販売店へ回収依頼など、不用品を処理するために多くの作業が必要になります。

まとめ

遺品整理を遺族だけで行うのはとても大変です。必要なものと不要なものを仕分けするだけでも精神的・時間的負担がかかります。仕分けが終わったあとも、まだ使えるものをリユースする作業やごみを分別して処分するなどの作業が続くので、作業時間を確保するのもなかなか難しいでしょう。しかし、遺品整理のプロに頼めば、精神的・時間的負担が軽減され、スムーズに作業が進められます。遺品整理をスムーズに行い、本当に大切にしたいものをきちんと残したい人は、プロに頼むことも検討してみてはいかがでしょうか。

【香川県】おすすめの遺品整理業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名愛笑リアライフ香川ウィズイング四国遺品整理センターアップサービス
特徴①「見えないものを大切にする」という思いの基に業務を行っている遺品整理士の資格を持ったスタッフが不用品を丁寧に仕分けるx家族の立場からの見地で大切に最後の整理を行ってくれる薬剤をナノレベルまで小さくした除染を行うため安心できる不用品回収やハウスクリーニングも請け負っている
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧