遺品整理にかかる期間はどれくらい?短縮方法についても解説!

公開日:2022/02/01

故人の遺品を整理することは、同居している家族ならそれほど時間がかからない場合も多いようです。しかし、離れて暮らしていると移動に時間がかかり作業に戸惑うことも多く、どのくらいかかるのか不安になることもあるでしょう。遺品整理にかかる時間の目安はどのくらいなのか、また、その短縮方法についても詳しくご紹介します。

遺品整理を始めるのに適したタイミング

遺品整理はいつ始めるのがベストなのか、最も適しているのは残された遺族の心の整理ができた時だといわれています。家族や身内や亡くなると、その直後から葬儀やさまざまな手続きなどでバタバタし、一通りやるべきことが済むまでは悲しんでいるヒマもないくらいです。

ようやく落ち着いてきた時に、急に悲しさやさみしさが感じるようになり、放心状態になる人もいます。そんな時に、故人が残した遺品を整理するのは辛く、心身とも負担がかかってしまいます。ですから、本来ならもっと落ち着いた、心が整理された頃が望ましいのですが、一般的には次のようなタイミングで行うことが多いようです。

・葬儀後

・四十九日後

・諸手続き後

・遺産相続前

これらは、いずれも故人の遺族・親族が集まるタイミングであり、遺品整理も効率よく行うことができます。しかし、人によっては遺品を手にすることで感情的になってしまい、なかなか作業に取りかかれないこともあるようで、死去から数年手つかずのままというケースも少なくありません。

故人が住んでいた家が持ち家ならそれでも構いませんが、もし賃貸物件であるなら家賃を払い続けることになったり、期限までに退去するように管理人や貸し主に告げられたりすることもあります。そのような場合は、なるべく早く遺品整理を行うべきでしょう。

遺品整理にかかる期間

実際に遺品整理を行うとどのくらいの期間がかかるのか、それは遺品の量や作業を行う人数、遺品整理を行う人の家との距離によって異なります。アパートやマンションなど、ワンルーム程度なら早ければ1日くらいで終わることもありますし、遺品の量が多い一軒家なら1年以上かかってしまうこともあるようです。

遺品整理で行う作業について

遺品整理は、思い立ってすぐに始められるものではありません。遺品整理を開始するまでに準備期間も必要で、立ち会う家族や親族に連絡を取ったり、遺品整理を依頼する業者に問い合わせたりする手間もかかるでしょう。業者に依頼すれば作業もスムーズに行われますが、遺族のみで行うなら、遺品を必要なものと処分するものとに選別し、不用品をゴミとして処分する手続きも行うことになります。

すべて片付いたら室内の清掃も行わなければなりませんし、そのような遺品整理の作業と並行し、身内が亡くなったことで必要になる公的な手続きなども行わなければなりません。このように、やらなければならないことは山積みですが、やるべきことの優先順位を決めておくことでスムーズに進めることができ、ムダな時間や手間を省くことにつながります

なぜ1年以上かかることがあるの?

遺品整理に1年以上かかることもある、と聞くと不安になる人もいるでしょう。遺品の量が多ければ必要なものと不用なものとを仕分けるだけで、かなりの時間が必要になるものです。故人が残した「貴重なもの」があるとしたら、それを見つけ出すまで諦めずに探し続ける人もいるかもしれません。

遺品が多いとしても、作業を行う人手が多ければスムーズに片付けることもできるのですが、仕事が忙しい、遠方に住んでいるなど、簡単には集まれない事情もあると思います。また、人手は足りていても遺品整理は通常の後片付けとは異なるため、戸惑うことも多く、思うように作業が進まないこともあるでしょう。

遺品整理にかかる期間を短縮するためには?

遺品整理にかかる期間を短縮するための、押さえておきたいポイントについて説明します。

事前準備をしっかりと

遺品整理を一緒に行う家族や親族は、人数が多ければ作業もスムーズに運び時間短縮につながります。できるだけ多くの人が集まってくれるように日を選び、決めた日時はしっかりと伝えましょう

また、遺品整理を行う前に、必要な書類を見つけておくことも重要です。亡くなった後は、年金受給停止などさまざまな手続きを遺族が行う必要があるのですが、提出期限を過ぎてしまうと手続きも難しくなるため注意しなければなりません。そのような手続きに必要な書類は、遺品整理を始める前に探しておきましょう。

遺品整理業者に依頼する

何ごとも経験が豊富なプロに任せれば、作業はスムーズに短時間で完了させることができます。遺品整理も同様で、遺品整理業者なら遺品を選別する作業も不用品の処分もテキパキとこなし、重い家具や家電の運び出しもすべて行ってくれるので任せて安心です。

また、遺品整理業者なら一般的な不用品を処分する業者とは異なり、故人の想いがこもった遺品を丁重に扱ってくれます。遺品を整理した後の特殊清掃を行ってくれる業者もいますから、必要な場合は同時に依頼することもできます。

また、遺品の中には簡単に処分することをためらってしまうような、たとえば仏壇や人形などもあるかもしれません。そのような供養をお願いしたいものも、遺品整理業者に相談し供養した上で処分してもらうことも可能です。

 

遺品整理にかかる期間は、遺品の量や作業する人数によって異なりますが、事前の準備をしっかりと行いスケジュールを立てておくことで短縮させることができます。

遺族が忙しく人手が足りなかったり、家具や家電などの遺品を移動させたりすることが大変なら、遺品整理のプロである業者に依頼するのがおすすめです。作業期間を短縮できるだけでなく、遺品を適切に処分することもできますから、安心して任せることができるでしょう。

【香川県】おすすめの遺品整理業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名愛笑リアライフ香川ウィズイング四国遺品整理センターアップサービス
特徴①「見えないものを大切にする」という思いの基に業務を行っている遺品整理士の資格を持ったスタッフが不用品を丁寧に仕分けるx家族の立場からの見地で大切に最後の整理を行ってくれる薬剤をナノレベルまで小さくした除染を行うため安心できる不用品回収やハウスクリーニングも請け負っている
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧