故人の私物を供養する?遺品供養のタイミングや方法をご紹介!

公開日:2022/03/15

大切な家族や親戚が亡くなった際は、残された遺族が責任をもって遺品整理を実施する必要があります。しかし、遺品として残されたものをすべて捨ててしまうことは難しい場合もあるでしょう。その場合、遺品供養という方法を検討するようにしましょう。本記事では、故人の愛用品の処理などに利用される供養方法について紹介します。

遺品供養とは

故人が残した財布や日用品、家具、家電などを整理することを遺品整理といいます。遺品整理は、残されたものの量が多すぎると遺族だけで処理することが困難となり、業者に整理を依頼するケースがあります。

しかし、故人の残した品物は、時間をかけてでも丁寧に整理したいという方も一定数います。実際に50代の男女を対象に実施されたアンケートでは、80%の方が業者に依頼することなく整理を行っています。

そして、自分で処理することを選択した方の回答では、他人を家に入れたくない、自分でやるつもりだったという回答が多い結果となっています。つまり、故人の思いを汲んで整理してあげたいと考える方が多いのです。

そして、整理を進めていく中で、故人の愛用品や思い出の品が出てきた場合、簡単に捨ててしまうのは躊躇されるという方も多いのではないでしょうか。たとえば、写真や時計、お守りなどは、いらないものだけれど捨ててしまうことは気が引けるでしょう。そこで、遺品供養という選択があります。

遺品供養とは、お寺や神社に遺品を持ち込み、主におたき上げによってものを処分する方法のことです。そして、ものに宿っている個人の魂を抜く、故人をしのぶなどの意味が込められています。

ただし、整理を行う際に必ずしも行わなければならないというものではありません。しかし、故人の思いを汲んで整理してあげたいと考える多くの方は、お寺などに依頼して整理を行っているのです。また、他人の遺品とまとめて行う場合と個人で行う場合の2種類の方法があります。

遺品供養が必要な物と行うタイミング

遺品を整理するタイミングはルールが定められているわけではありません。しかし、故人が賃貸物件に住んでいた場合などは、整理が完了しなければ物件を引き払うことができません。そして、退去が完了しない限り、誰かが賃料を負担しなければならなくなってしまいます。したがって、状況に応じて早めに対応するのがよいでしょう。

また、一般的には遺族が集まる四十九日などのタイミングで整理が行われることが多い傾向にあります。誰かが勝手に整理をしてしまうと、残しておくべきだった大切なものを捨ててしまうことがあるからです。

そこで、全員が集まるタイミングでまとめて整理が行われるのです。そして、供養のタイミングに関しても、整理が行われることの多い四十九日前後に実施されることが多い傾向にあります。ただし、賃貸物件などに故人が住んでいたケースでは、四十九日よりも早いタイミングで行われることがあります。

また、供養に必要なものはルールがあるわけではありません。しかし、手帳や日記、寝具、おまもり、衣類などの思いがこもりやすいものは、供養品として推奨されています。

遺品供養の方法とは

一般的におたき上げを用いて供養が行われます。おたき上げとは、ものに対して魂が宿っていると認識し、感謝して処分するという意味を込めて焼却することです。

そして、おたき上げには、単独で供養するために故人の自宅で行うパターンと、他の方の遺品とまとめて供養するパターンが存在します。単独で供養する方法では、故人の自宅に僧侶などの担当の方が出向き、その場で焼却を行うことを指します。一方、他の方のものとまとめて供養する場合では、神社やお寺にものを持ち込み、他の方が持ち込んだものと一緒に処理してもらう方法のことを指します。

また、故人が信仰している宗教があれば、宗教に従って場所を選択する方法もあるでしょう。そして、近年では、おたき上げができる場所が近所にない方向けに、遺品を神社やお寺に郵送できるサービスもあります。

ただし、最近では環境面の配慮から、燃やせないものが増えつつあります。そこで、燃やせるものと燃やせないものの判断が難しい場合は、事前に神社やお寺の担当者に相談してみることをおすすめします。したがって、遺品整理は、単純にものを捨てるだけの行為ではないことを理解しておくようにしましょう。

そして、捨てることが躊躇われるものに関しては、ものに宿っている故人の魂を抜く、感謝するという意味を込めて遺品供養を検討してみることが大切です。

 

遺品整理を行う際、残されたものの中には簡単に捨ててしまうことがためらわれるものがあるでしょう。とくに、故人の愛用品は捨ててしまうことが難しいものです。そこで、捨てることが難しいものに関しては、供養を検討することをおすすめします。そして、ものに込められた魂を抜く、故人をしのぶなどの意味があります。また、現地供養や合同供養などの方法があるため、特徴を理解して最適な方法を選択するようにしましょう。

【香川県】おすすめの遺品整理業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名愛笑リアライフ香川ウィズイング四国遺品整理センターアップサービス
特徴①「見えないものを大切にする」という思いの基に業務を行っている遺品整理士の資格を持ったスタッフが不用品を丁寧に仕分けるx家族の立場からの見地で大切に最後の整理を行ってくれる薬剤をナノレベルまで小さくした除染を行うため安心できる不用品回収やハウスクリーニングも請け負っている
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧